Pan Macmillan Japan + Blog

パンマクミラン ジャパンが扱う洋書の中から、厳選オススメ洋書を紹介します!

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

三日坊主

でほんとすんません(汗)
と、いうか…このブログは一体どれくらいの人に見てもらえているのだろう…うーん。そろそろ宣伝してみるか。

nutcracker.jpg


Nutcracker Ballet Box
Jean Mahoney
ISBN 0744592283
?9.57…2500円…くらいかな?
(最近円安だからなあ、とほほ)

1年前に発売されているものなのですが、クリスマス+ギフトという今の時期にぴったりだったので引っ張り出して見てもう一回びっくりしました。「凝ってるなあ」とか「これでも本なのか…」とか「しかし冷静に見ると絵は怖…いや、これがきもかわいくなってくるわけだよ」とかそんな感想が入り乱れる感じです(笑)。

とりあえず内容物は
・開けると「舞台」になる箱。
・Nutcrackerの物語と、この商品の使い方と、バレエの歴史が書かれた小冊子。
・チャイコフスキーの戯曲:Nutcrackerの曲を収録したCD。
・舞台に立たせることのできる紙人形+舞台の背景数枚

遊び方としては、物語を読みながらCDをBGMに、舞台に物語にあった紙人形を並べてバレエの演出家気分を味わう、らしいです。まあお人形さん遊びですね。

あああ。そうだ、Nutcrackerっていうのは「くるみ割り人形」のことです。クリスマスプレゼントにマーシャがおじさんかっらもらった、ちょっと冴えないくるみ割り人形が、夜、ねずみの軍隊と戦って勝ったあと、素敵な王子様に変身してマーシャを幻想的な雪の世界につれていってくれるお話で、このボックスについてる小冊子によれば、元はフランスの民話だったそうです。トリビアですなっ。

今年のクリスマスはお洒落に洋書で決めてみるのはいかがでしょうか…(出版社の回し者ですから、はい/笑)

□入手方法□

去年は紀伊国屋さんとか大きな書店さんに並んだんだけど今年はどうかな…(営業しなよ)
まだ今なら書店さんにISBNとタイトルで頼んでもらえばクリスマスには間に合うと思いまする。

待ちきれない方は…こちら。→


------------------------------------------------------
written by やすだ
スポンサーサイト

| 絵本・ノベルティ | 10:49 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Baby Basket

たまには普通の子供向け絵本も。。。

…失敗談も交えつつ(苦笑)。

↑のタイトル、絵本が4冊セットになったタイトルなのだけど、ひよこクラブという赤ちゃん向け情報誌に取り上げてもらえました。自分から売り込んだわけでもなく出版社さんから「紹介しますけどいいですか?」と聞かれて「はあ…」と答えたものの…

掲載されるのはそのタイトルが発行されてから1年以上たった後。ちょっと作るのに手のかかる絵本だったので再版されないまま既に50部以下に在庫が落ちてたんだよね…。だから本当は載せてもらいたくなかったんだけど生稲晃子さんが紹介してくれるとかなんとかでついミーハー心で「いいですよー、その代わり商品の数に限りがありますって書いてくださいね」ということで了承してみたところ…

ものすごくたくさんお問い合わせ頂いた…(凹)

あの時素直に「あ、そのタイトルもう在庫ないんで代わりに似たようなこっちの商品紹介してくれませんか?」って言っておけばな…売り上げ伸びたかな…と、欲を出して今「Baby Basket」とか「ひよこクラブ」とかで検索かけてひっかかった人に向けて似たような商品ここで紹介してみる!!(笑)

≫ Read More

| 絵本・ノベルティ | 15:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まだまだ絵本。

ほんと、そろそろ普通の小説も読まなくちゃなあ…読みたい本は山積みになっているんだけれど。
元々和書が好き過ぎるのでなかなか洋書まで手が回らないのですよ…なんて言うとじゃあ誰が洋書なんて読むんだ、って話になるんですが(苦笑)。

どうなんでしょう…
・ペーパーバックのわら半紙みたいな感触が好き
・英語に挑戦してみたい
・英語が母国語
・海外作家が好き
・電車とか公共の場で読んでるとかっこいい気がする
とかですかね、日本人が洋書を読む理由…

あ。あとは
・シリーズ物の続きがいち早く読みたい
ですよね。ハリポタ…それだけでこのブログでもスレッドあるんだもんなあ…しみじみ。なんでうちの出版社ハリポタ断っちゃったんだろう…(笑/ハリポタの原稿が最初は各出版社につき返されたのは有名な話ですよね)上司に「いや、でも新刊が出る年と出ない年で売り上げに差があるのも心臓に悪いじゃないか」って言われたけど…負け犬の遠吠えにしか聞こえないよ、あはは。(笑)

なんて嘆いていてもしょうがない(笑)、今日の絵本。↓

≫ Read More

| 絵本・ノベルティ | 17:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大人向け絵本 その2。

ぐは…三日坊主どころか2日坊主でしたね、すみません(苦笑)。
ちょっと香港行ってました。ディズニーランドじゃないですよ、仕事ですよ(笑)。香港の町は好きなので嬉しいですが。

で。今日も特集:大人向けの絵本の続き。

…あはは、そんな、絵本しかぱぱっと読んで紹介できる本がないから、なんてそんなことは…(乾笑)

whatever.jpg


whatever
william bee
ISBN 1-84428-066-7
UK Price 9.99 (2500円くらいかな…)

今回もかなりシビアです。


(以下ネタバレ)



何にも感激しない男の子。
背の高いキリンを見せても
小さな蝶々を見せても
すごいトランペットを吹いても
お城の形をしたプレイハウスにつれていっても
ものすごく煙を噴き上げる汽車に乗せても
宇宙に連れて行っても

「それで」

と流してしまう男の子に、お父さんが最後につれてくるのは

世界で一番おなかを空かせている虎。

もちろん男の子は今回も「それで」と応えますがその後ろに迫ってるのは…

皆まで言うのは控えますが…とりあえず感受性の強い子なら泣き出しちゃうかもしれません…

なんだろう、一応「お父さんの努力は無にせず、色々なことに感動しましょう」なんていう教訓が入ってるのか、と考察しつつ(皮肉ですよ/笑)元から感激の薄い子にはこの本を読ませても

「それで」

と言われて終わりそうなところがまたシュールな一冊でございます。
絵はとてもかわいいので是非お試しくださいませ☆


-----------------------------------------


この本の入手方法…
1)今回は…丸善さんが有力かな。
2)他の書店さんには
whatever
william bee
ISBN 1-84428-066-7
をメモして持っていき、「なければ取り寄せてください」と相談。
3)もしくは。→



------------------------------------------------------
written by やすだ

| 絵本・ノベルティ | 11:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大人向けの絵本

が、流行ってるのかな、毎月うちから出る新刊にもいくつかあるのですね、これ子供に見せるのどうなのよ、みたいな絵本が。

確かに面白い。シュールで笑えたり、きもかわいくて撫でたくなったり。

でも、ぶっちゃけてしまえば売ってる方からするとやや困る…

ただでさえ本屋さんで洋書をおいてもらえるスペースなんて少ないので(涙)、そんな、ちゃんと、「大人向けアート絵本」と「子供向けの普通の絵本」の売り場がちゃんとある書店さんなんてそうないんだよね…
から、敬遠されがちで

なので、とりあえず紹介してみる。
特集してみる。

そんなわけで一冊目。(※絵本のネタバレあり)


≫ Read More

| 絵本・ノベルティ | 13:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。