Pan Macmillan Japan + Blog

パンマクミラン ジャパンが扱う洋書の中から、厳選オススメ洋書を紹介します!

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

はじめまして。

こんにちは、やすだと申します。
間接的にイギリスやアメリカの本を売るお仕事してます。

が。

思ったように売れないんですよ、本が…(苦笑)。

このままじゃ食いっぱぐれる!!と、いうわけで、『今の時代ビジネスはネットからだろ?!』と思い切ってブログ作ってみることにしました。

とりあえず半分お仕事で半分趣味…みたいなもんなんで、好きな本を気ままに紹介してこうと思ってます。

□洋書の買い方□

まず洋書なんて見たこともないよー
という方も大勢いらっしゃるだろう、ということで買い方の説明をば。

1)気を長くしよう!
あ、いや、ほとんどの洋書が海外にありますからね、船や飛行機に乗ってやってくるので、多少注文から時間がかかるのも許してやってください。待ってる間もわくわくして楽しいですよね?あはは。

2)本の番号って知ってますか?
本を一冊一冊識別する番号、それがISBN。これは洋書でも、日本の本でも同じようについてまして、この世にその特定の番号を持つ本は一つしかないのです。人間の指紋みたいなものですね。普段の生活で使うことはないだろうけど、これが分かっていると本屋さんでの注文がすごく楽になりますよvとりあえず私がこれからブログで本を紹介する時はその番号も書くようにしますので☆

3)さあいざ書店へ。
上の「ISBN」と、本のタイトルが分かれば大抵の本屋さんで注文できるはずです。
中でも大型書店に行くのが一番ですね。丸善さんとか紀伊国屋さん、ジュンク堂さんに有隣堂さん、三省堂書店さんなんかは積極的に洋書を取り扱ってくださってるので対応が早いと思います。そういう大型書店さんが近くにない方はネット書店さんもお奨めなんですが。

と。最初から少し詰め込みすぎた感がしないでもないですが…こうして少しずつ洋書人口を日本に広めるべく…こつこつ頑張っていきますんでどぞどぞご興味のある方はよろしくお願いいたします。(敬礼)


written by やすだ
スポンサーサイト

| ■ 初めての方はこちら ■ | 17:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://panmacmillan.blog22.fc2.com/tb.php/1-15040b4c

PREV | PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。