FC2ブログ

Pan Macmillan Japan + Blog

パンマクミラン ジャパンが扱う洋書の中から、厳選オススメ洋書を紹介します!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

久しぶり。

に一冊洋書(小説)を読み終えましたぞー。

Tins.jpg


Tins
Alex Shearer
ISBN 0330431919
?5.99…1400円くらいかな?

Alex Shearer。実は英国ではそんなに有名ではないのですが、日本では隠れたベストセラー作家です。「青空の向こう(原題:Great Blue Yonder)」っていう小説が和訳されて大ブレイクしたのですね。(ちなみにこれも私の大好きな死にネタで滅茶苦茶泣けます。せつなくてかわいいお話です)普通、例えばドイツやフランスでは母国語に訳されてしまうと英語版の売り上げというのは落ちるものらしいのですが、日本では逆なんですね、和書が出て、売れて、名前が知られると漸く洋書も買ってもらえる…ありがたいことです。

そんなわけでその作者によります最新作です。
私実は(うちの会社から出してる)一作目の「青空の向こう」しか彼の作品読んだことなかったのですが。(二作目以降のあらすじがなんだかちょっとホラー系で敬遠していたのです)今回久しぶりに読んでやっぱ日本で売れるわけを実感したりしました。なんというかすごく入りやすい英語な気がします。もちろん子供向けだからレベルも簡単だし、現代の、普通の子のお話だから不思議な造語とかが出てくることもない。

して、やっぱり、ストーリーテリングがすごく巧いと思うのですよ。

☆またもやつたないあらすじ☆
Fergalはちょっと変わったところのある男の子。なかなかクラスの男の子たちに溶け込めない彼が最近はまった趣味が「ラベルのない缶詰集め」。普段は集めて飾るだけだったけれど、ある日明らかに他のどの缶よりも軽い缶を見つけて、我慢できずにあけてしまったその中には金のイヤリングが。他にもアクセサリなんかがあるかもしれない、開けてみた、次の軽い缶には今度はなんと…人間の指が。そしてとうとう「助けて(HELP)」と書かれたメモを缶詰の中から見つけだしたFergalは缶詰の謎の解明に向かい…?!

ちょっと人間の指が缶詰の中から出てきちゃうあたりホラーなんですが。すごく引き込まれます。
「大人は、気づいて欲しいときには見ない振りをして、気づいて欲しくない時にはすぐ詮索してくる」
「うちの子がちょっと変わってるのはちょっと他の子より頭がいいからなのだと自分に言い聞かせている」
なんていう些細な言い回しが「ああ、あるある、そういうこと」って思わせるんですよね、子供の立場からも、母親の立場からも。
そして途中でFergalの友達になるCharlotteという女の子も、自立している女の子で魅力的。子供向けなんだけど話があまりにガキっぽくはないところもお奨めなのです。

発売は来年3月。
この作者の作品は大抵の大きな書店さんには入れてもらえるのでチェックしてみてくださいねv

------------------------------------------------------
written by やすだ
スポンサーサイト

| フィクション一般 | 17:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://panmacmillan.blog22.fc2.com/tb.php/10-722c40a1

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。